Xincere Technology Blog

Discover the digital revolution in Japan’s real estate world lead by Xincere

グローバルスタンダードなエンジニアリング組織を目指して

こんにちは、“社長兼エンジニア”と“エンジニア兼社長”、どちらの言い回しが適切かいつも判断がつかない徐です。ちなみに、未だに「社長」と呼ばれることに慣れません。これを見た方はぜひ、社長と呼ぶのはやめて、フランクに接していただけると嬉しいです笑

いままでの記事では、

を書いてきました。

今回は、自分が今まで歩んで来たキャリア、及びそれを踏まえて社内のエンジニアリング組織が現在どのような開発体制か、どのような組織を目指しているかを書こうと思います。

メガベンチャーからスタートした、エンジニアとしてのキャリア

大学時代、人工知能(進化型ニューラルネットワーク)の研究に明け暮れていた自分は、家族にも心配されるほど“就活”をせず、研究者になろうと論文を書いては学会で発表をする、を繰り返していました。

しかし、登録していた数少ない就活媒体でとある日系メガベンチャーのスカウトメールを受け取りました。たまたまその時間が暇だったので、説明会を聞きに行ったら引き込まれ「この会社かっこいいな」と思い、そのままWebエンジニアとしてその企業に就職しました。

それまで研究活動しかしておらず、Webエンジニアの“W” の字もわからない中で就職したため、入社当時は周りの同期に劣等感を感じていました。とにかく多くの仕事をこなそうと必死に働いた結果、1年ほどしか在籍しなかったにもかかわらず、いまでも当時の上司には「3年分は働いたじゃない?」とからかわれるくらい、とにかく多く働き、多くのことを学びました。

そんな充実した新卒生活を送っていましたが、“3年分働いた”おかげでたくさん成長し、そして「もっと新しい技術を学びたい」「バックエンド以外の開発・アプリも含めて全部できるようになりたい」と思い、転職を決意しました。

聖戦ケルベロスのバトルフィールド

当時、全力で開発していた聖戦ケルベロスバトルフィールド(通常BF)https://gamebiz.jp/news/126582 より参照

度重なる転職と得られた経験

1度目の転職から、起業を除き4回転職し、合計5つの会社でエンジニアとして働きました。

それぞれ、分類すると

  • 日系フィンテックベンチャー(5人程度)
  • 日系医療系ベンチャー(30人 -> 200人の上場規模まで)
  • 日系メガベンチャー(3000人程度)
  • 日系ビジョナリー・カンパニー(4.7万人程度)
  • グローバルテックカンパニー(世界中にいるため従業員数不明)

と、それぞれ規模感はまったく異なりました。

中でも、医療系ベンチャー企業(現在上場企業)での事業をグロースさせた経験・会社が大きくなり社員が増えていくのを中から見ていた経験と、グローバルテックカンパニーでの言語・時差を跨いで仕事をした経験はとても貴重でした。また、日系ビジョナリー・カンパニーでは人事システムの開発プロジェクトだけではなく、エンジニア採用としても仕事をさせていただきエンジニア“以外”の業務経験も加わり、本当に色々な経験を積むことができました。

いまの開発組織と目指している方向性

いま、開発組織はフルタイムと副業・インターン生、合計6名が中心となっています。自分の経験の中では、まだまだ規模が小さいフェーズです。しかしながら、外部のソフトウェアエンジニアの友達に現在開発しているものを紹介すると、必ず「この人数でこんなに開発してるのか」と驚かれるほど、多くのものを日々開発し運用しています。

今の組織内には、シリコンバレーでの開発経験・海外での起業経験を持つメンバー、大企業でのテックリード・大規模なインフラ運用経験を持つメンバーなど、経験豊富なメンバーばかりです。社内のコミュニケーションは基本的に日本語で行われているものの、時折英語でコミュニケーションを取るような場面もあります。

f:id:xincere-inc:20211001185031j:plain

日本語でのコミュニケーションをベースとしながらも、場合により英語や中国語でよくやり取りする仲間。

スタートアップの特に0->1フェーズにおいては、利用者を増やすことが重視されます。アイディアを出しては実装し、検証してはまた次のアイディアを出す、PDCAを高速に回すことがプロダクトを開発をする上ではとても重要だと考えています。大企業の開発体制ほど堅牢なシステムは必要ないですが、メンバー全員でデータベースの設計や基盤構築はかなりしっかり考えながら、開発体制を運営しています。

現在開発しているシンシアレジデンスは0->1フェーズのプロダクトであり、まだまだ開発したいものが多くあります。もちろん、利用者が増えるに従い、プロダクトの質もどんどん上げていこうと考えています。プロダクト、そして企業のグローバル展開も見据えて、グローバル企業での経験をもとに現在どうあるべきかを考え、それに突き進む形で設計・開発、組織運営を日々試行錯誤しながら行っています。

最後に

長期的な視点でばかりここまで書いてきましたが、まだまだ一緒に戦うメンバーが足りません。シンシアでは、一緒にプロダクト・会社を作るメンバーをインフラ・バックエンド・フロントエンド・デザイナーなど全方位で募集しております。

www.wantedly.com

 

www.wantedly.com

 

www.wantedly.com

より詳しく自分の経歴や創業までの経緯、サービスの特徴などを知りたい方は下記よりご覧ください。

www.wantedly.com

もう少し詳しく話を聞きたいという方も「話を聞きに行きたい」から気軽に問い合わせいただければと思います。ぜひ、よろしくお願い致します。

シンシアが向き合う不動産業界の課題とアーキテクチャ基盤について

こんにちは、エンジニア兼社長の徐です。

日々、不動産の課題とはなにかについて考えサービスのシステム改善・新規開発に取り組んでいます。

residence.xincere.jp

先月、「テックブログはじめました 」と言いつつも、一切技術要素に触れなかったので今日はシンシアが不動産におけるどのような課題に対して、どのような技術を使い何を開発しているのかについて紹介致します。

tech-blog.xincere.jp

不動産における課題

自分は、大学院を卒業して以来ずっとソフトウェアエンジニアをしていましたが、不動産仲介の会社を始めて実際に初めて自ら物件予約・内見・契約締結などなどを行って来ました。

実際に自分で遭遇した課題・お客様から聞いた過去の課題は

  • お客様がメールを見逃す
  • お客様が問い合わせた物件がすでに申し込み済みだった
  • お客様が物件相談・鍵の引き渡しなど店舗に行くことが多かった
  • お客様が平日昼間に電話に出られない
  • 不動産屋からの返信が遅い

などでした。

実際に、2020年10月29日に不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)様より発表された「不動産情報サイト 利用者意識アンケート」の結果においても、下記のような課題・要望がありました。

物件売買・賃貸におけるお客様の不安

物件売買・賃貸におけるお客様の不安

賃貸・売買において不動産業者に求めるものについて

賃貸・売買において不動産業者に求めるものについて

これらのいくつかの課題はシステムによって解決出来る課題だと感じ、システム開発に取り組んでいます。

課題に対する技術的アプローチについて

上の課題や要望などの情報を整理し、大きく分けると

  • 物件に関する情報に関すること
  • ご案内など、お客様とのやり取りの情報に関すること

の2種類に分類出来ると考えました。

また、これらの情報に対し、実際その情報を使う対象は

  • 物件の買主/借主
    • お問い合わせ前の物件を探すお客様(ログイン不要)
    • お問い合わせ後にご案内を受けているお客様(ログイン必要)
  • 買主/借主を探す不動産オーナ様
  • 社内のお客様ご案内者
  • 社内の物件データ更新者

と、対5種類の利用者に対し、それぞれシステムを展開する必要がありました。

データの分類と利用するユーザ別のアプリケーション

データの分類と利用するユーザ別のアプリケーション

これらのことに加え、スタートアップの0->1フェーズであり、プロダクトマーケットフィットまで高速にPDCAを回す基盤づくりをすべく、1つ1つのシステムを小規模な単位で分割し極力技術負債を返済しやすくする構成を考え基板設計をして開発してきました。

 

データ種別と利用ユーザ別に設計したアーキテクチャの簡易図

データ種別と利用ユーザ別に設計したアーキテクチャの簡易図

※ 実際にはモデル層・Controller層・フロント層に分かれています
※※ サーバー間通信はSwagger・OpenAPIを使いAPI Clientを自動生成しています
※※※ フロントエンドはNuxt.js、バックエンドはNestJS・Ruby on Railsを使っています

今後のプロダクトの展開

株式会社シンシアでは、ライフステージが変化するタイミング(入学・就職・結婚・出産)で発生する“不動産売買・賃貸”の課題に向き合い、その変化をなめらかにするというミッションを掲げ事業を進めています。

しかしながら、設立して約1年で基本的な基盤づくりは完成してきましたが、“使いやすいシステム”作りや、さらなる課題(周辺情報の提供など)、やることがまだまだたくさんあります。

その一つひとつを機能として提供し、お客様の解決しより良いプロダクトづくりを考えて進めています。

開発途中のMapサーチ機能、周辺情報を拡充しようと画策中

開発途中のMapサーチ機能、周辺情報を拡充しようと画策中

最後に

株式会社シンシアでは、そんな徐と一緒に“0->1でビジネス”を作っていっていただけるエンジニアを募集しています。
何卒、よろしくお願い致します。

 

www.wantedly.com

www.wantedly.com

テックブログはじめました

こんにちは、ソフトウェアエンジニアやりながら株式会社シンシア代表取締役社長をやっている徐です。今日は、テックブログの第一回目なので、

  • 株式会社シンシアについて
  • 創業からこれまでについて
  • このテックブログについて

書いて行こうと思ってます。

真面目に記事を書くのは久しぶりですが、頑張って書いてみるので、ぜひ読んでみてください。

楽しく働ける会社を作りたい

2014年に社会人になってから、株式会社シンシアを創業する6年半の間にソフトウェアエンジニアとして、外資テック企業や日本のベンチャー、日本の大企業など5つの企業で働いていました。在籍期間は最長2年半から最短半年と転職を繰り返し、履歴書と職務経歴書に書く項目がどんどん増えていきました。

普段ノリで生きているような人間ですが、転職に関しては「なんとなく」で決めたことはありません。在籍した会社はどれも参考にすべきところがたくさんある素敵な会社ばかりでしたが、キャリアややりたいことについて真剣に悩み転職を決断してきました。

そのため、自分の転職回数はその都度「理想の働き方」や「理想のキャリアから逆算し、今あるべき姿を目指す」という思考・実行の回数を示しています。

2020年6月8日に株式会社シンシアを創業したのは、改めて自分のやりたいことはなにか、どうしたら楽しく働けるかを真剣に考えて達した一つの結論なので、自分が考える「楽しく働ける会社」とはなにかについて書いていこうと思っています。

株式会社シンシア初期事務所

2021年2月に借り7月末までいた、定員4人のマンションの一室。

当初は2021年年末までここにいると思っていた。。。

創業からこれまで

株式会社シンシアは、高級物件を専門とした不動産の賃貸・売買を仲介する不動産仲介会社です。ソフトウェアエンジニアとして働いていた自分がなぜ不動産仲介をはじめたのかというと、不動産領域は日本でもとても市場が大きく、そしてIT化が遅れているからです。

不動産の市場規模は約45兆円

2019年度の市場規模マップ(https://stat.visualizing.info/msm より引用)

不動産の市場規模は約45兆円

ソフトウェアエンジニアとして、システム開発を事業とすることはわかりやすく収益をあげる方法だと思います。しかし、会社を作って仲間を増やすからには満足行く給与を支払いたいと考えていて、その上で売上を追求する必要があると考えています。

売上を追求する上で、システム単体ではなく「IT x ○○」をやりたいと考え、予てより趣味で宅地建物取引士(※ Wikipedia参照)を取得するほど不動産に興味があった自分は「IT x 不動産」という結論に至りました。

不動産の仲介ならば、ソフトウェアエンジニアの自分でも部屋を探している友人に物件をご案内することで売上を作れ、しかも自分自身が不動産仲介を経験できます。
自身の経験をシステムに反映させることで、より「実用的なシステム」が作れるのではと考えました。

2020年に宅地建物取引士免許を取得してから、自分自身が不動産営業マンとして物件確認・内見ご案内・申し込み、契約書の説明を行って来ました。

そして、営業で経験したことをソフトウェアエンジニアとして一つひとつシステムに落とし込んで開発をしています。まさに、「IT x 不動産」を自身で体現することで、大変さを実感する日々を過ごしています。

内見依頼書

内見をするときに、依頼書をFAXで送ることが主流だと知り、

慌てて開発開発した内見依頼書送信機能

さらなる事業の加速と業界全体のDXに向けて

年始に一人で本格的に活動をはじめましたが、2021年8月2日現在、フルタイム社員4人(うちエンジニア:1)、アルバイト6人(うちエンジニア: 3)となり、年内には社員が10人を超える組織となります。年始に想像してないほど組織が急拡大しました。

借りていたマンションの一室でローテーションを組んで出社するなど従来のオフィスに手狭さを感じたため、8月1日より代官山のオフィスに移転しました。

代官山のオフィス

代官山のオフィス、新築の香りがする素敵なおしゃれなビル

不動産は古くから巨大市場として発達してきました。1990年当時より、最新の技術であるFAXやインターネットを取り入れ当時としては最新のシステムを構築してきました。しかし、2021年現在でもその当時の技術が業界全体で広く使われています。技術の遅れによって、部屋を賃貸・売買をするお客様を始め、不動産仲介をする事業者にとっても非効率な事態を生み出しています。

株式会社シンシアのミッションは「ライフステージの変化をなめらかにする」です。ミッションが意味するのは、ライフステージが変化するタイミング(入学・就職・結婚・出産など)で発生する“不動産の売買・賃貸”の手続きを簡単に・効率化していこうというものです。

residence.xincere.jp

これまでの自身の経験から、今の時代における最善な方法として、”ソフトウェア”を用いて不動産業務を効率化することで、お客様に寄り添うことが出来ると考えています。

ソフトウェアの開発は一人でできません。そのため、株式会社シンシアでは、「一緒に日本の不動産業界をより良いものにしていく」そして「一緒に楽しく働ける会社を作っていける」ソフトウェアエンジニアを募集しています。

熱く会社や不動産業界のことについて語りましたが、次回からは真面目にいままで自分が様々な企業で経験し学んできたエンジニアリング技術を使い、どのように不動産領域で応用し戦っているかについて書いていくので、何卒よろしくお願い致します!

 

www.wantedly.com